高血圧の予防;入浴

pj   2015年4月28日   コメントはまだありません

高血圧の予防と治療として、手軽におうちでできるオススメの方法が入浴です。

入浴は、毎日の生活習慣の中に取り込まれています。毎日入浴することは、1日の疲れをとり、体の汚れをとるだけでなく、高血圧の予防と治療としても最適です。

入浴は、お湯の温度が重要ポイントになります。 お風呂に長く、ゆっくりつかることで高血圧の予防につながるストレス解消になり、心身ともに癒されます。 お湯の温度が熱いと、血圧が急激に上昇する危険性が高いので、避けましょう。

お湯の温度は、38~40度ぐらいが快適です。冬の寒いときでも42度以上にならないように注意しましょう。入浴の時間は、5分~10分程度を目安にするといいでしょう。

冬は、とくに浴室の温度とお風呂のお湯の温度が、あまり開き過ぎないように注意する必要があります。 高血圧の予防のポイントとしてオススメなのが、入浴で体の芯まであったまるには、自然塩をひとつまみ浴槽に入れるといいでしょう。血行が促進されて、冷え性の改善にも最適です。

風邪をひいて入浴できないときは、足湯をするといいでしょう。足湯も同様に、自然塩をひとつまみ入れると、体全体がぽかぽかあったまり、血行がよくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>